手段的日常生活動作(IADL:Instrumental Activities of Daily Living)

提供: 作業療法大百科事典OtWiki
IADLから転送)

IADL (Instrumental Activity of Daily Living)とは、手段的日常生活動作である。

一般に 買い物掃除炊事家事洗濯移動外出服薬の管理金銭の管理などに、電話の使用が加わる。

が、重要なのは、IADLは単純な動作というよりも生活行為としてみる方が適当だということである。ということは、作業療法士の専門領域である。

要するに作業療法士にとって大事なのはIADLの項目でなく参考にしてその人らしい生活を考えるきっかけとできることである。

一定の判断と決断が断続的に必要で、身体機能と認知機能が複合的に必要で、やり方、方法にも自由度があり、その人らしさや生き方、人生の物語がにじみ出る。

特に強調すべきは、単に身体機能だけが保たれていれば可能というわけでもなく、相応の認知機能が必要であるという側面である。その逆は戦略的に代償できることも多いが、自己決定が困難な場合にはIADLは極端に制限される。

たとえば、アルツハイマー型認知症の方の買い物で見ても、時間が経つほどに様々な困難が増えていく。

たとえば、買い物に行っても同じものを買ってしまう、お金の計算ができない、買い物先で借りたトイレのトイレットペーパーを持ち帰ってしまう、迷子になってしまうなどである。

本人様に自分らしい生活をなるべく長く続けてもらうためには、上記のような現象をサポートするための、精神機能面の評価が欠かせず、作業療法士は総合的にサポートできる職種として貴重である。