LINE

提供: 作業療法大百科事典OtWiki

チャットツール

コミュニケーションアプリ

やりとりができます。

大体の形式の送付はできます。

メールが不要になります。

問題

作業バランスの乱れ

LINEをつかったコミュニケーションに過度に依存すると、単純に時間を、それに沢山使ってしまう。

そのため、自分の1日の時間の使い方が下手くそになってしまう可能性がある。

LINEに限ったことではない。

人との衝突

コミュニケーションを監督する人がいないため、精神的に未熟な人間が使うと問題が起こる。

想像力が足りない人は特に要注意。

認知機能が弱い人には使いこなせない。

つまり、子供や、人生経験、対人交流の少ない人には使用がとても難しい。

情報流出リスク

運営の主体が、韓国企業母体で、中国に外注してたりするので、漏れたら困る情報は通信してはいけない。

要するに、普通にwebなのでだめ。

セキュリティを気にするなら、暗号化されたメールや他の通信手段を使う。