マネジメント

提供: 作業療法大百科事典OtWiki

作業療法の本質はマネジメントである。マネジメントができないと、作業療法ができない。作業療法士養成校では教えないかもしれないが。

マネジメントの初歩

マネジメントの初歩は、自己管理がきちんとできること。つまりメタ的な視点をもって自分自身の人生をコントロールすることができることである。

マネジメントの本質

マネジメントの本質は目標とする成果に物事を近づけられるよう、必要に応じて必要なだけ必要な働きかけを行い、無理無駄ムラを省くことである。

これからの日本の経営者や管理職には、中小企業や旧態然とした組織風土の会社であればあるほど、このマネジメントが適切にできる人間がより必要とされる。

病院や施設経営においては、顧客対象者の利益を最大化することを考えるときにはそのマネジメントが重要となるのは言うまでもないことである。

そうすることが、インターネット全盛時代におけるマーケティング戦略としての唯一の方法である。

マネジメントは単なる管理ではない

マネジメントと言う言葉は、日本語訳で管理と言う言葉が当てられることがある。

しかしマネジメントと言う言葉が実際に意味するところは単なる管理よりもより広い意味合いを持っていることがある。

日本語の管理と言う言葉が持つ硬直的な意味合いだけではなく、より動的に個々のプレイヤーが自分らしさを発揮してより高い生産性を発揮できるよう、無理無駄無駄をなくすように必要な調整を行うといった意味になる。

マネジメント力の高い人材はどの業界においても重宝される

今後医療福祉に関するお金が十分に確保できなくなった時、現行の保険制度にのっとった形での作業療法士と言う仕事はなくなっていくかもしれない。

そういった世の中においても、個々のプレイヤーの強みを生かし生産性を最大化すると言う能力は必ず必要とされる。

労働市場における自らの価値を高めると言う意味においても、このマネジメント力を高めておく事は非常に有意義である。

真のマネジメント力は顧客利益の最大化につながる

真の組織のマネジメントとは、その組織内での人間の活動による生産を社会とつなげて、組織と社会との関係性がより良くなるように調整を行うことである。

顧客利益を高めることができる企業が生き残ることは社会の利益を高める。

逆に顧客利益を損ねるようなマネジメントしかできない組織は社会の中で存続できないようにしていくことが望ましい。

日本においては特にこのような心のマネジメントがますます重要になっており、作業療法士もそのようなマネジメントに関する知識や技術を当たり前のものとして持っておくことが重要である。

マネジメントという言葉について

一般にPFドラッカーの提唱した概念のことを指す。

そのため、マネジメントを学ぶには、PFドラッカーの本を読んで習熟しておくとよい。

こうしておくと、いろいろな人と齟齬なくマネジメントについて話ができる。

入門書籍

こちらのドラッカーのマネジメントのエッセンス版が手軽にその概念にふれることができる。

マネジメント(エッセンシャル版) - 基本と原則

持続可能で高い成果を出す組織には、とにかく顧客を意識することが重要であり、それを徹底するようなマネジメントができることが「腐敗しない組織」づくりのためには重要であるということがわかる。

管理職用リファレンス

2021-05-11属人化を排除した結果、「あなたはいてもいなくても同じ」と部下に言われた。ーEverything you've ever Dreamed 休みやすい職場づくりに役立つ。