国家試験

提供: 作業療法大百科事典OtWiki

ここでは主に日本の作業療法士の国家試験について取り上げる。

受験資格

作業療法士養成課程である大学や専門学校などを卒業しておくことないし、卒業見込みであることが必要である。

実施根拠

理学療法士及び作業療法士法

試験合格で得られるもの

日本の作業療法士の国家資格とそれを証明する作業療法士免許証


臨床との乖離

現役の作業療法士からたびたび指摘されるのが、「国家試験と臨床は別物」である。

しかし、作業療法士の資格を取得するには、国家試験に合格するしかない。

よって、折り合いをつけて勉強するしかない。

傾向と対策

現実問題として、参考書だけを集中して行うだけで合格してしまう。

ここにはさまざまな微妙なバランスが影響しておりそれだけに、この傾向は変わらない。

合格だけを考えるなら、参考書だけを集中し行うのが最も効果的である。