高次脳機能障害

提供: 作業療法大百科事典OtWiki

高次脳機能障害は、脳血管障害頭部外傷等の後遺症によって起こりうる。

これまで、無意識に行えていた生活行為が意識しても行えなくなる場合もあり、日常生活とその経済性に、非常に大きな影響を与えうる。

作業療法作業療法士には、対象者の特性を踏まえて日常生活の再構築を援助することが求められる。

周囲が、知っておくことの重要性

高次脳機能障害があると、日常生活の経済性が著しく障害されるので、資本主義社会に於いては様々に問題が発生するが、外見のみを一見しただけでは他者からは、障害の有無が即時判別できないため、当事者に対する支援を行うためには、高次脳機能障害という状態が存在するということを知っておくことが重要となる。

作業療法士には、その周辺について、対象者自身と周りの人に対してわかりやすく説明し、どのようにすれば良いかの方策を説明出来ることが求められる。

高次脳機能障害のうち代表的なもの

失語

失行

失認

注意障害

記憶障害

遂行機能障害

知的障害