リハビリテーション

提供: 作業療法大百科事典OtWiki

リハビリテーション(rehabilitation)とは、復権、権利の回復を意味する。また、転じて生活が困難な状態から、また困難を抱えたままであっても生活が可能な状態に向けて整える試みのことである。

そこには、単に機能回復することではなく、社会的存在としての人の復権までを含める。

作業療法はリハビリテーションの重要な手法の一つである。

語源

リハビリテーションの語源はラテン語のre(再び)+habilis(適した)にある。

もともとの言葉の持つ意味としては「再び適当な状態になる(最適化する)こと」などの意味あいをもつ。

そこから、「回復する」といった意味合いを持つようになっている。

リハビリテーションの社会的意味合い

もともと「協会からの破門を取り消され、社会的に復権すること」の意味において、リハビリテーションという言葉が用いられることがあった。

こうした文脈において、何らかの障害があるとき、単なる心身の機能回復を超えた「権利の回復、復権」という社会的な意味合いをリハビリテーションという言葉は持っていると言える。

単なる機能回復訓練を指して、リハビリテーションと用いることが多いが、それは日本人にとってはリハビリテーションという言葉が持つ感覚を直感的に理解することが難しいためである。

リハビリテーションが必要となる機会

事故で怪我をした場合や、病気で結果として障害が生じたときに、生活を再構築するためにリハビリテーションが必要とされることが多い。

完全に機能回復が期待できる場合

骨折や、外科的な再建手術、衰弱等による耐久性低下など、病前あるいは受傷前の状態とほぼ変わらない水準まで機能回復が期待できる場合には、単純な機能回復を目指すことが多い。

まず、おおよそ本人の希望はそこに向かうし、そうすることが最も経済合理性を高めるからである。

それらの機能回復のために戦略的に、他職種が関わることになる。

機能回復や獲得が期待できない場合

進行性の疾患があるなどして、障害の抜本的解決が難しい、あるいはむしろ進行していく場合などに、作業療法士はその人らしさを支援する、社会的復権の意味におけるリハビリテーションをおこなう。

単純でもなく、一様でもない故に、作業療法士には幅広い能力が期待、要求される。

高齢期のリハビリテーション

生活行為向上マネジメントで、生活全体として作業療法士マネジメントする事で、高齢者の健康余命に貢献することが示されている。

生活リハ(生活リハビリテーション)という言葉も、一般的になってきている。

特別何かを新たに組み込むことよりも、これまでのその人の生活の流れや、生き様に寄り添い手助けする方が長期的には合理性が高いということである。

何より本人のQOLが高い。

作業療法士はそういう仕事をリハビリテーションとして行わなければならない。

認知症のリハビリテーション

新しい能力の獲得は苦手になる上、単に出来ない障害ではなく、うまく出来ない障害が増えていく。

出来るや自尊心、その人らしさをうまくマネジメントして、心理的健康をうまく保つリハビリテーションが作業療法士には求められる。

当然そのための認知症を捉える視点、知識、技術は作業療法士として保有しているものとして社会はまなざす。

その期待に応えられる作業療法士をうまく抽出し、活躍の機会をマッチングする仕組みが必要である。

精神のリハビリテーション

精神障害が原因で社会生活を安定して送れない場合、その人が社会の中で、社会とつながりを持って生きていけるように作業療法士は支援する。


小児発達のリハビリテーション

生育や発達の様子が、生活や能力獲得に困難をきたす場合に、その親の心身の負担を軽減し、子供との関係性の構築を支援する。

また、子供自身にも必要な作業療法を提供する。

終末期のリハビリテーション

ターミナルとも言われる。

作業療法士は、対象となる方が、最後までその人らしく過ごせるように、作業を基盤として関わる。