高齢期

提供: 作業療法大百科事典OtWiki

人は必ず歳をとる。歳をとるに従って、若き時へ過ぎ去り、老いていく。

老いはかつて可能だったことが難しくなり、各種の障害が生じる。

程度の差はあるがやがて人は必ず必ずその過程を経る。そして、いつか死ぬ日に向かって生きていく。

この時、は向き合うほどに、残りのの時間を鮮やかに浮かび上がらせ、人を作業に向かわせる。は、ネガティブなものではなく、人が自分らしく生きる上で不可分な要素である。

その死の足音を感じる人生の大団円の時期においても、死を穏やかに感じながら、死とともに生き、自分の人生に満足し、その人らしい生活が出来るように支援するのが、作業療法作業療法士の極めて重要な役割である。

高齢期の作業療法にできること

徐々にではあるが、エビデンスの高い報告もみられる。

例えば、活動日記を用いた集団プログラムを地域で実践し、地域在住高齢者の作業に対する満足度、生きがい感、生活満足度の向上が得られたという研究成果が報告[1]されている。健康な地域の高齢者に対する作業療法の貢献の可能性のエビデンスである。

また、作業療法士が関わり、園芸活動を特別養護老人ホームに用いることについての有効性を報告する研究[2]もある。同時にこの研究では、「やりたいことがない」という作業を特定することが難しい対象者に対する効果的な介入の一例をも示している[2]

高齢期と関わりの深い概念

フレイル

ライフステージ

参考